桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

手間要害山

手間要害山

寺内集落の北よりの中央部に標高330m.の手間要害山があります。この山に中世の城郭があったことは確かであり、おそらく山名氏の一族か部下がいた砦であったと思われます。この城は尼子経久が伯耆の国に侵入し、米子、天万、黒坂の不動ケ嶽、尾高、淀江の城を次々に落としたといわれる「大永の五月崩れ」の際に落城したとされています。その後は、永禄7年(1564年)に尾高城主杉原盛重の家臣菖蒲佐馬允ら330名がこの砦を守って戦いましたが、尼子義久が毛利元就に敗れ、吉川氏が因幡・伯耆を支配して以降、戦の記録はありません。
鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン