桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

《晴れ》の貌(すがた)~郷土文化を未来へ、地方創生の主役たち~生田英明写真展

《晴れ》の貌(すがた)~郷土文化を未来へ、地方創生の主役たち~生田英明写真展

           「晴れの貌(すがた)~郷土文化を未来へ、地域創生の主役たち

 生田英明氏は、小学校教員の傍ら、1970年(昭和45)写真集団「写友会ひの」を創設・主宰して写真作品作りを開始しました。翌1971年(昭和46)県展初入選を果たして以来、連続して入選し、現在では無鑑査となっています。1972年(昭和47)植田正治氏に師事し、本格的に写真技術を学びました。

  一方、1976年(昭和51)「分校の春」で二科展入選を果たし、以後入選を続け2005年(平成17)会友、2012年(平成24)会員となり、現在は鳥取支部副部長として活躍しています。また、2010年(平成22)には写真集『追憶の情景』を発刊してこれまでの歩みを世に問うものとなっています。

  この度の作品展は、「褻(け)=日常」と「晴(はれ)=非日常」を意識し、「ハレ」の日として心待ちにした家庭や地域の行事は、人間形成や地域を愛する心の育成に重要な役割を担ってきたことをテーマとしています。そして、将来を担う子供達の事を念頭に置いた地方創生となるよう、強い願いがこめられています。会場では、地元南部町の「法勝寺子供歌舞伎」・「国信の秋祭り」(鳥取県大山町)・「鷺舞い」(島根県津和野町)・「太鼓田植え」(広島県安芸高田市)等53点を展示しています。高度な写真技術を楽しんでいただくとともに、「ハレ」の日の主役達の表情に注目していただければ幸いです。

 皆様のご来館をお待ちしています。

開催期間 平成27年7月15日(水)~8月30日(日)
開催場所 南部町祐生出会いの館(緑水湖畔)  第5展示室 
開館時間 9:00~17:00
休館日 火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は、開館し、翌日休館)
入館料 一般:300円(240円) 高校・大学生:200円(160円) 中学生以下:無料
※( )内は、15名以上の団体料金
お問い合せ 祐生出会いの館 TEL/FAX 0859-66-4755
〒683-0343 鳥取県西伯郡南部町下中谷1008
鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン