桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

遊び心を競う 多能趣味人の納め札

               納め札.jpeg

 納札とは、巡礼者が霊場に参詣したしるしに納める氏名などを記した札のことです。江戸時代後期には千社参りがさかんになり、千社札として納札が行われました。納め札はその後しだいに趣味的流行となり、種々意匠をこらしたものを木版刷りとし、同好者の間で交換の会が開かれるようになりました。大正時代になって、自由を尊重する気風は納め札にも影響を与え、肉筆で行う気運が起こり、1924年(大正13)我楽他宗の仲間は「東都肉筆納札交換会」を結成しました。祐生は創立から参加するとともに会誌の発行を提案し『江戸紫』として8号まで発刊しました。残念ながら当館は4冊しか所蔵していませんが、納め札の記録としては極めて稀なものです。祐生はこの後発会する大阪の「白鈴会」「三筋会」にも参加しました。祐生日記によると納め札は1928年(昭和3)には激減し、代わりに登場するのが暑中見舞の交換です。

 展示した納め札からは、祐生の交流した多能趣味人の描写力や納め札にかける遊び心の情熱が伝わってきます。まさに「笑われぬように笑って遊びたい」人たちの本領発揮の場でした。

 何かとゆとりのない世相の中で、多能趣味の人たちの作品から、心温まるひと時を過ごしていただければ幸いです。

■展示一覧(総数859点)

 ・肉筆納め札   775点

 (東都肉筆 大正13~昭和2年、白鈴会 大正13・14年、我楽他宗等)

 ・木版納め札    76点

 (東都納札会・祐生貼込帖)

 ・貼込帖      1点

 ・江戸紫(東都肉筆納札交換会機関紙)4点

 ・ポスター     3点

 

【開催期間】  平成29年9月30日(土)~11月27日(月)

【開催場所】  南部町祐生出会いの館 第4展示室

【開館時間】  9:00~17:00

【休館日】   毎週火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

【入館料】   一般:300円(240円) 高校・大学生:200円(160円)

        ※( )は15名以上の団体

【お問合わせ】 南部町祐生出会いの館 TEL/FAX 0859-66-4755

        〒683-0343 鳥取県西伯郡南部町下中谷1008

 

 

鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン