桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

建国から85年 祐生にもたらされた満州資料展

              

               29満州.jpeg

 日露戦争(1904~5)によってロシアから遼東半島南部の「関東州」租借権並びに東清鉄道と付属地を得た日本は、「南満州鉄道株式会社(満鉄)」を1907年(明治40)に設立して営業を開始しました。満鉄は旅客業務以外の経済活動を積極的に行いました。日本は満州を原料資源の供給地とするとともに、対ソ戦略の基地として、1932年(昭和7)傀儡(かいらい)国家満州国を樹立しました。

 祐生に送られてきた満州資料は、大正時代から「満洲旅行案内」等がありましたが、量的に増加するのは1931年(昭和6)満州事変以降です。地域から軍人として満州に出征する人はかつての教え子であり、祐生は満洲からの便りを期待しました。また、我楽他宗の仲間も「大連別院」を立ち上げており、多能趣味の人たちからの満州ももたらされました。祐生に届いた満州からの贈り物は二千点に上り、これらの品々から遥かなる満州を夢見ていたと思われます。

 一方、国策によって満州に渡っていた多くの日本人は、戦争終結によって難民となり、国の保護のないまま引き上げざるを得ませんでした。その苦難は筆舌に尽くしがたいものがあります。

  満州国建国から85年となる本年、祐生の残した資料から、満州に思いを致していただければ幸いです。

 

<展示資料>  340点

 白地図 1点、引揚げ記録 1点、ポスター 10点、標語 19点、絵葉書 218点、 観光案内 14点、手拭 6点、郷土玩具 59点、写真誌 12点

 

■開催期間   平成29年8月5日(土)~9月25日(月)

■開催場所   南部町祐生出会いの館 第4展示室

■開館時間   9:00~17:00

■休館日    毎週火曜日(祝日に当たる場合は、開館し翌日休館)

■入館料    一般:300円(240円) 高校・大学生:200円(160円)

        ※( )は15名以上の団体

■問い合わせ  祐生出会いの館 TEL/FAX 0859-66-4755

        〒683-0343 鳥取県西伯郡南部町下中谷1008

鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン