桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

パッチワークキルト展「古布との語らい―河瀬かず江と仲間たち」

               河瀬かず江パッチワーク展.jpeg

 河瀬氏は油絵を趣味としていました。1978年(昭和53)生まれた子供に難病があり、入院生活が続くようになって、油絵を続けることができなくなりました。たまたま美術館で目にしたパッチワークに惹かれ、病院で付添いの合間に自分流のパッチワークキルトを作るようになりました。夫の転勤で1982年(昭和57)東京に移った時、藍染めキルト作家の黒羽志寿子氏に師事しました。また、障がいのある転入児童を確認に来た福祉事務所職員が河瀬氏の作品を見て生涯学習講座を企画し、翌年から指導者となりました。1995年(平成7)米子に帰り、NHK文化センターや公民館などで指導し、現在河瀬かず江パッチワークキルトサークルを主宰しています。河瀬氏は、個展・グループ展の外に、展覧会等にも出品し、毎年高い評価を得ています。  河瀬氏の扱う布は山陰の絣が中心です。藍染めの絣は地味であるが飽きることがありません。大正・昭和期に家族のために心を込めて織られた思い出の布であるだけに、端切れとなっても、1.5㎝の幅が残れば作品に縫込み大切に生かしています。作品は生活の中で感じた自然、風景、幼いころからの心象風景がデザインされ、どこか懐かしさにあふれています。     

 本展では、東京国際キルトフェスティバル受賞作品の「宇宙に還った愛しきもの」・「生命その輝き」・「さあ!銀河への出発」・「風の音色」をはじめ教室の皆さんの作品も含めて70点を展示・紹介しています。河瀬氏の壮大なパッチワークキルト作品から、過去との対話、未来への希望を感じていただければ幸いです。

 

 ■河瀬かず江経歴(現在:河瀬かず江パッチワークキルトサークル主宰)

  1978年(昭和53) 自分流でパッチワークキルト作品作りを始める。

  1982年(昭和57) 藍染めキルト作家黒羽志寿子氏に師事する。

  1983年(昭和58) 東京都東久留米市福祉事務所生涯学習カリキュラムとして

            パッチワークキルトの指導を依頼され、5年間継続。

            その後サークル活動として10年間活動。

            同時に調布市聴覚障がい者婦人部に手話による指導。

  1995年(平成7)  米子に帰省。NHK文化センター講師。

            明道・義方・就将・春日公民館に於いて指導する。

           (現在は自宅で教室を開く)

  1998年(平成10) 婦人生活社出版パッチワークキルト専科

           「山陰の絣を訪ねる」を取材。

            他多数専門雑誌に作品掲載。

            他パッチワークキルト専門誌へ多数作品掲載。

 ■受賞歴

  2002年(平成14) 国民文化祭                  佳作

  2006年(平成18) 東京国際キルトフェスティバル「和の部門」   入選

  2009年(平成21) インターナショナルキルトウィーク横浜     奨励賞

  2012年(平成24) 東京国際キルトフェスティバル「和の部門」   入選

  2013年(平成25) 東京国際キルトフェスティバル「和の部門」   入選

  2014年(平成26) 東京国際キルトフェスティバル「創作キルト部門」3位

  2016年(平成28) 東京国際キルトフェスティバル         企業賞

                   〃      「額部門」    入選

 

【開催期間】  平成29年9月1日(金)~10月29日(日)

【開催場所】  南部町祐生出会いの館 第5展示室

【開館時間】  9:00~17:00

【休館日】   火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

【入館料】   一般:300円(240円) 高校・大学生:200円(160円)

        ※( )は15名以上の団体

【問い合わせ】 祐生出会いの館 TEL/FAX 0859-66-4755

        〒683-0313 鳥取県西伯郡南部町下中谷1008   

 

 

 

 

鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン