桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

名所・名物・名産を伝える「全国の駅弁掛け紙展」

              全国の駅弁掛け紙展.jpeg

 1872年(明治5)新橋・横浜間に開通した鉄道は、昭和時代中期まで旅客輸送の花形でした。乗客は車窓に広がる光景を楽しみながら駅弁を賞味して旅情を満喫しました。 

 駅弁の発祥は1885年(明治18)宇都宮駅販売とされますが、元祖を主張するところは他にもあります。当地方では1902年(明治35)境港・御来屋間に鉄道が開通した時、米吾の駅弁が開業されました。駅弁掛け紙には名所・名物・名産の外、1918年(大正7)に施行された食品衛生法によって調製印が押されていて、製造年の分かるものがあります。また、広告や注意事項に加えて、「平和記念東京博覧会」「英国皇太子歓迎」など行事を盛り上げる記載もありました。

 日記によると、祐生の駅弁収集は1919年(大正8)「大津萩の家」に始まります。交流のある人達や発行元の協力を得て1200枚を収集し、気に入ったものは貼り込み帖を作って収納しました。今日廃業したところも少なくないですが、掛け紙からかつての時代が思い起こされます。

 祐生の収集した駅弁掛け紙コレクションから、古き良き時代の旅情を感じていただければ幸いです。

展示総数 644点

  駅弁掛け紙 637点(根室本線13枚、函館本線33点、東北本線56点、常磐線20点、中央  本線40点、東海道本線80点、山陰本線79点、山陽本線84点、日豊線23点、鹿児島本線   50点ほか)

  ポスター    3点

  貼り込み帖   4点

 

■開催期間   平成29年6月10日(土)~7月31日(月)

■開催場所   南部町祐生出会いの館 第4展示室

■開館時間   9:00~17:00

■休館日    火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

■入館料    一般:300円(240円)、高校・大学生:200円(160円)

        ※( )は15名以上の団体

■問い合わせ  祐生出会いの館 TEL/FAX 0859-66-4755

        〒683-0343 鳥取県西伯郡南部町下中谷1008

鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン