桜と一式飾りと富有柿の町 南部町の観光情報をお届けします。
なんぶちょ~観光協会お問い合わせサイトマップHOME鳥取県西伯郡・南部町観光協会
【旅】オススメの小さな旅【食】お食事処・お泊り処【祭】素朴で素敵な季節のお祭り【買】お買い物処【産】特産品とお土産【道】交通アクセス

因伯玩具≪因幡編-麒麟獅子と流し雛-≫

因伯玩具≪因幡編-麒麟獅子と流し雛-≫

麒麟獅子

(祐生の絵手紙より鳥取の麒麟獅子舞) 

祐生は、全国各地の玩具を収集し、玩具の姿が朽果てる前に孔版画作品にして残しました。

彼が鳥取の麒麟獅子を初めて見たのが大正初7年頃です。

玩具目録に載っている『麒麟獅子』の正体が分からず、鳥取県東部出身の同僚に頼み、玩具店・六角屋から仕入れたのがはじめです。
新月型の目、ぴんと立った耳、額の真ん中に長い角、木彫りの豊かな味わいが漂い、全国に多くの獅子がある中で、その存在感は抜群でした。麒麟獅子を気に入った祐生は、その後も麒麟獅子のお頭はもちろん、それが使われる祭礼についても孔版画の作品にして残しています。

流し雛

 
雛については、昭和16年に制作した絵手紙の中で『簡素なつくりであるけれど、優美にして典雅な流し雛の姿は、美しさと優雅な一面を兼ね備えた鳥取人そのものでる。(中略)鳥取の城下町の高い青空の情趣がこの流し雛の存在にふさわしい。』と表しています。
全国各地の郷土玩具を収集した祐生ですが、地元・因伯の郷土玩具には殊に深い愛情を注ぎました。
 
鳥取県 南部町観光協会
〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺332-1
TEL:0859-30-4822 FAX:0859-30-4833
みなさんのご意見箱

ソーシャルボタン