サトノテは自然を良好に維持管理した「手自然」による環境保全活動を行っています。
Tottori-nanbu_TESHIZEN_network
とっとり・なんぶ手自然ネットワーク【サトノテ】

サトノテメンバー

この南部町に生まれ、豊かな里山の「命」の営みをかれこれ四十年以上も見続けて来ました。職業はお米の産直農家で、 アイガモ農法をはじめ、農薬、化学肥料を全く使用しないお米作 りを中心にやっています。今は、「生き物を育む農法」を研究中です。 お米と一緒に、多くの命が田んぼで生まれるのです。 田んぼでの作業体験など、<農>の魅力をお伝えする事をライ フワークにしています。 この手自然ネットワークでは、里山の生態系全体を見渡す視点で活動出来たらと願っています。
東京農業大学農学部栄養学科卒業 サークル野生動物研究会で旦那(佳介)と出会って結婚。 あだなは「もりまき」 丑年生まれの2児のお母ちゃん 1996年より自然観察指導員の肩書きで細々と活動中。 若干の収集癖あり 南部町役場発行の「広報なんぶ」で「南部町のいきものたち連載中」
団体職員 東京農業大学昆虫学研究室卒業 昆虫生態学専攻 日本鳥学会、日本環境教育学会、鳥取県生物学会会員 ビオトープ一級施工管理士 鳥類標識調査員 日本野鳥の会鳥取県支部会員 。1999年に転職で神奈川から米子市に転入 2003年から南部町民 仕事では、野鳥をテーマとした環境教育と湿地保全などに携わっています。 ライフワークとして、南部町の生き物探しを妻と一緒に行っています。
地域づくりコーディネーターとして各地でのシンポジウムなどへの参加、講演、アドバイザー業務他、地域ブランド目指した商品開発など務める。経営構造対策推進アドバイザー(鳥取県農業会議)、鳥取県環境影響評価審査会委員鳥取県観光事業団理事 (地域づくり団体事務局) 地域づくり団体 トトリネット事務局長 交流ひろば「めぐみ」事務局
南部町落合在住。 町内の小さな放送局、なんぶSANチャンネル勤務。 桐原真希さん監修のもと「生き物大好き桐原さんと散歩道」「南部町いきもの百景」など、町内に住む生き物番組を制作。 3年前に桐原さん一家に出会い、身近な生き物たちとの付き合い方を 楽しく教わっています。
デザイン事務所D-MAGIC代表、南部町在住。主にグラフィックデザインやパッケージデザイン、またオリジナルTシャツなどを制作販売している。地域ブランドのブランディングなどを手がける傍ら、地域おこしの取り組みに興味を持つ。
中学二年まで米子市に住んでて今の南部町(旧西伯町)に移りました。 今の仕事はスーパーで惣菜を作っています。部署が変わり毎日、勉強させられています。 動物 生き物が好きで物心ついた頃から家にはいつも生き物がいました。 (今は残念ながら何も飼ってませんが…)
福祉サービス事業所「ノームの糸車」代表。羊毛とオーガニックコットン「GNOME」店主。北海道で生まれ育ち東京、大阪と経て10年前に現在の南部町に住みつきました。 自然の中での自給自足の生活がライフワークのテーマで特に「素材からの衣の自給」 に興味があります。 羊毛やコットンも育てるところから関わっていきたいというのが理想です。 伯州綿という地元で栽培されてきた和棉を存続させるプロジェクトチームの一員でも あります。
南部町朝金在住。建設コンサルタント会社において 造園、景観、まちづくり等業務 に従事。 ビオトープ一級施工管理士,シビルコンサルティングマネージャー(都市計画及び地 方計画) 南部町に移り住んで5年。出身は神奈川県横須賀市。 実家の三浦半島では、ミンミンゼミの声が減り、キジ、(外来種ながら)コジュケイ の声を聞かなくなりました。 一方、鎌倉止まりだったヤモリとタイワンリスが南下。・・・離れてみて気付くこと も多いものです。 これからは、いきものセンサーを鍛えて地域の手自然と向き合って行きたいと考えて います。
事務局
連絡先: 090-7976-3957